ハプナ・ビーチのサンセット

ハプナビーチのサンセットイラスト

そこは、溶岩で覆われたハワイ島ではめずらしく、
白い砂浜が広がるホワイトサンドビーチ。

コハラエリアのリゾートからは
車でまっすぐな道を北上すること
30分ぐらいでたどり着ける。

このビーチには駐車場やトイレ、
砂を落とす簡単なシャワーも
バーベキュー施設も完備されていて、
とっても快適。

以前は駐車場も無料だったのに、
数年前に行った時にはもう有料になっていて、
たしか5ドルぐらいだった。
それでもビーチの環境や生態系が守られて、
みんなが安全で快適に使えて、
美しい景観が保たれるのなら
その方がもちろんいいと思う。

日本ではビーチといえば海の家が立ち並び、
周辺にはさまざまなレストランやら
サーフショップが当たり前のように立ち並んでいて、
それはそれで楽しいけれど、
ハワイ島ではたいていどのビーチにも何もない。

みんなが思い思いの場所にビーチマットや
デッキチェアを広げて、のんびりしている。

目の前にはどこまでも続く白い砂浜、
そして青く透きとおった海が、ただ、そこにある。

涼しい日陰をつくってくれる木々のある場所は
大人気でビーチマットが並んでいる。
お弁当を持参して、
ピクニックシートを広げて青い海を見ながら食べて、
海で泳いだら、お昼寝する。

ひとつ残念なことは、
このビーチには熱帯魚やウミガメがいない。
だからシュノーケリングをしてもつまらない。
でも波はだいたい穏やかなので、
思い切って仰向けになって海に浮かんでみる。

穏やかな波が大きくうねって、
空と海のあいだにはさまれてゆらゆらと揺られると、
時々、太陽がまぶしくキラリと光る。

気持ちいい・・・なんだかとても静か。

自分のまわりの人や音が消えて、
この世界でたったひとりだけになっ たみたいに思えて、
ふと怖くなる。

慌ててまわりを見渡すと、
明るい日差しにくつろぐ人たちが見えてホッとした。

実はこのビーチの一番のオススメは太陽が沈む時間。
遮るものが何もない太平洋に太陽が今日も1日終わりだよと、
まるで小学校の下校を知らせる合図のように落ちていく。

海も、雲も、白い砂浜も、
あっという間にそこらじゅうが
少しオレンジがっかったサーモンピンクに
どんどん染まっていく。

そして瞬く間に太陽が水平線に吸い込まれると
あたりにはもうイン ディゴの空が迫ってくる。

星がひとつ、またひとつとはっきりと姿を見せる時間。

ハプナビーチでジャンプ